Top Page > スポンサー広告 > Mountain Lionを外付けHDDにインストールしたのでレポート。(Lionとデュアルブート)Mac > ソフト > Mountain Lionを外付けHDDにインストールしたのでレポート。(Lionとデュアルブート)

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)

Mountain Lionを外付けHDDにインストールしたのでレポート。(Lionとデュアルブート)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ProductPageIcon.512x512-75

先日25日、発売されたてホヤホヤのMountain Lion外付けHDDにインストールLionとデュアルブートしてみました。

ハードディスクのパーティションを割ってそこにインストールするだけの簡単な作業のはずが、多少手こずりましたw
メモ的な感じで書いていきます。

続きへどうぞ

OS X Mountain Lion


OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元:Apple - iTunes K.K.(サイズ: 4,348.2 MB
全てのバージョンの評価: 無し0件の評価


うっほほーOS X Mountain Lionが発売されたぞ!しかも1700円だと!早速インストール!!

と言いたいところですが、Macが一台しかない僕にはメインマシンにインストールするわけにはいきません。
対応ソフトが云々...で、メインとして使うには心配。。

ということで現在使っているLion(10.7.4)を残したままMountain Lionは外付けHDDにインストール・起動させます。

外付けHDDにパーティションを作成



自分は2TBのLCH-MN2TU3ってハードディスク使ってます。
【レビュー】Macで使える2TB外付けHDD Lacie minimus 2TB LCH-MN2TU3



disk
それでは「ディスクユーティリティ」を使ってMountain Lionを起動させる専用のパーティションを作ります。



MTLion3
「ディスクユーティリティ」を起動して外付けHDDを選択、「パーティション」タブを開きます。
「+」ボタンでパーティションを追加。



MTLion4
確保する容量を設定します。最低8GB以上が必須ですが、自分の用途に合わせ決めて下さい。
適当な名前を付けて右下の「適用」をクリック。


MTLion5
確認画面をよく読み「パーティション」をクリックでパーティションの作成が開始されます。

※ハードディスク内にある既存のデータは全てそのまま保持されます。が、念のため確認画面はよーく読み返して慎重に行なって下さい。損失による一切の責任を負いかねます。


MTLion6
数分~数十分でパーティションの追加は完了しました。



MTLion7
デスクトップにアイコンが出てきました。

ここに山ライオンをぶっ込むわけです。

Mountain Lionをインストール


いよいよMountain Lionのインストール!

OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元:Apple - iTunes K.K.(サイズ: 4,348.2 MB
全てのバージョンの評価: 無し0件の評価


今のところMac App Storeのみの販売だそうで、1700円とかなり安価。

MTLion8
早速ダウンロードしたらインストーラーを起動。



MTLIon9
「続ける」→「利用規約に同意」します。



MTLion10
ここで「すべてのディスクを表示...」をクリック。
※そのままインストールすると現在起動しているOSがバージョンアップされてしまいます。



MTLion11
インストールするディスクを選択する画面が表示されるので、先ほど作ったパーティションを選択すればいいのですが...

このディスクにはGUID パーティションテーブル方式が使用されていません。ディスクユーティリティを使って、パーティション方式を変更してください。ディスクを選択して、"パーティション"タブを選択し、"ボリュームの方式"を選択してから"オプション"をクリックしてください。


というメッセージが出て選択ができない!?


MTLion12
どうやら僕の外付けHDDはパーティション方式が「Appleパーティションマップ」で、OSを動かすには「GUIDパーティションテーブル方式」にフォーマットする必要があるみたいです。

さすがにフォーマットする訳にはいかないので、しかたなく内蔵HDDにパーティションを作り直します。
僕と同じく「Appleパーティションマップ」で詰まった方はしかたなく内蔵HDDにインストール...の項目をどうぞ。



MTLion16
選択画面で普通に選択のできる人は何も問題はありません。
選択したら「インストールをクリック」。


MTLion17
インストールの準備中...と出て1回目の再起動がかかります。
起動するとインストールが始まるので待ちます。再び再起動されたら完了です。

初期設定など済ませてー(ここは割愛w)

MTLion18
Mountain Lionインストール完了!

しかたなく内蔵HDDにインストール...


前述したように、外付けHDDのパーティション方式が「Appleパーティションマップ」」だった場合、そのハードディスクでOSを起動する事はできません。(Mountain Lionをインストールすることができない)

オプションを「GUIDパーティションテーブル方式」にしてフォーマットすれば可能ですが、データが全て消えるため断念...

内蔵HDDのパーティション方式は「GUIDパーティションテーブル方式」なので、仕方なくそっちにパーティションを作りMountain Lionをインストールしたいと思います。(Lionをアップデートするのではなく、同じハードディスク内に2つのOSを入れます)


MTLion13
先ほどと同じ工程でパーティションを作るわけですが内蔵HDDの残り容量が少ない為、とりあえず20GBだけ確保...(涙)

内蔵HDDの方はパーティション作成にかなり時間がかかるようなので、寝てる間放置。。。



MTLion14
パーティションの作成完了!



MTLion15
そしてMountain Lionのインストーラを起動すると、見事選択可能になってます!

あとは前項と同じくディスクを選択→インストール。
作ったパーティションにMountain Lionがインストールされます。


※注意:Boot Campを使用している場合、内蔵HDDに新しくパーティションを追加するとでBoot CampのOSが起動しなくなります。インストールディスクから起動してシステムの修復をすれば直るそうですが未確認。詳しくはぐぐって下さい

まとめ


20GBしかないため、お試し程度でしか使いませんが、1つのMacにLionとMountain Lionを共存させることができました!

それにしても、なぜ僕の外付けHDDは「Appleパーティションマップ」だったのか...
HDD購入時の自分の無知さに落胆・・・(笑)

OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元:Apple - iTunes K.K.(サイズ: 4,348.2 MB
全てのバージョンの評価: 無し0件の評価


関連記事
[ 2012/07/25 20:22 ] Mac ソフト | Trackback(0) | Comment(4)

>>内臓HDD…
>>“にくづき”の意味を知っていれば、こんな恥ずかしい間違いはしないはずなのだけど。

ご指摘ありがとうございます。修正しました。
予測変換の脅威恐し...
[ 2012/10/08 12:45 ] [ 編集 ]

内臓HDD…
“にくづき”の意味を知っていれば、こんな恥ずかしい間違いはしないはずなのだけど。
[ 2012/10/06 14:05 ] [ 編集 ]

転載ばっかやん
[ 2012/08/04 16:18 ] [ 編集 ]

違う質問なのですが

あの、IOS5.1.1のアイコンシャドウを消したいのですがどうしたらいいでしょうか><自作のテーマを作ってアイコンを透過がぞうにしたら透明にならず真っ黒になってしまいました><

IOS5.1.1の4Sですっ
[ 2012/07/31 10:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバックURL: http://iyuto.blog.fc2.com/tb.php/100-55db264a


人気ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。