Top Page > スポンサー広告 > iPhoneの通知センターに今日の日付を表示する方法iPhone > iPhoneその他 > iPhoneの通知センターに今日の日付を表示する方法

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)

iPhoneの通知センターに今日の日付を表示する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

notificationcenter

iOS5から実装された通知センター(NotificationCenter)に今日の日付を表示させることができます。
※現時点でMacのみ対応


天気のウィジェットでは曜日だけ表示されますが、肝心な今日の日付がでません。
そこでカレンダーの通知機能を使って表示させます。

大まかな段取り


MacのiCalから毎日イベントを作成
 ↓
iCloudでiOSディバイスのカレンダーと同期
 ↓
通知センターに表示

という流れ。


詳しいやり方は続きへ



1.MacでiCalに日付を登録



このサイトから「Download iOS5today」をクリックしてダウンロード。
ダウンロードした「iOS5today.app」を起動します。

簡単に訳すと、このアプリケーションを使う前にiCloudにカレンダーを追加しなさいと書いてあります。
また、カレンダーに登録できるのは1年つづのみ。
スクリーンショット 2011-12-14 17.18.10

「iCal」→「ファイル」→「新規カレンダー」→「iCloud」でカレンダーを追加します。
ここで上の写真で入力した名前と同じ名前で追加します。(この場合「今日は」)
ical1

今日の日付を入力→「OK」
スクリーンショット 2011-12-14 17.18.49

登録できるのは今年の1月〜12月まで。つまり、2012年の1月になったら再度登録する必要があります。
「12/31」→「OK」
スクリーンショット 2011-12-14 17.18.57

「OK」
スクリーンショット 2011-12-14 17.19.10

先ほどiCloudに追加した「今日は」にイベントが追加されました。
スクリーンショット 2011-12-14 18.09.49

2.iOSディバイスと同期



iOSディバイスのiCloudの「カレンダー」が「オン」になっている事を確認。

設定アプリから「通知」→「カレンダー」→「表示」を「1件」にします。
※5〜10件にすると、翌日の日付も表示されます。
IMG_1178

ステータスバーを下にフリックし、通知センターを確認すると今日の日付が追加されています。
IMG_1179

参考記事:Cult of Mac,Mac OS X HInts,ESSL.DE
関連記事
[ 2011/12/14 18:29 ] iPhone iPhoneその他 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバックURL: http://iyuto.blog.fc2.com/tb.php/51-36e730e7


人気ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。