Top Page > スポンサー広告 > 新しいiPadのUIをUIKit-Artwork-Extractorで根こそぎぶっこ抜く(脱獄不要)Mac > ソフト > 新しいiPadのUIをUIKit-Artwork-Extractorで根こそぎぶっこ抜く(脱獄不要)

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)

新しいiPadのUIをUIKit-Artwork-Extractorで根こそぎぶっこ抜く(脱獄不要)

このエントリーをはてなブックマークに追加

artwork0

UIKit-Artwork-Extractor新しいiPadのRetinaディスプレイに使用されるUI画像を根こそぎ保存することができるソフト。
iPadの実機が必要ないため脱獄は不要です。

通常は簡単に見ることのできないshared.artworkの中身の画像も抽出することが可能。


UIKit-Artwork-ExtractorはMac用の開発者向けアプリケーション、Xcodeを使用しソースコードをビルドすることでiOSシミュレータ内のUI画像(pngファイル)をまるごとローカルに保存します。
つまり、まだ発売されていない第3世代iPadですが実機は必要ありません。

準備するもの





※XcodeにはMacが必須です。

UIKit-Artwork-Extractorをビルドする


githubからUIKit-Artwork-Extractorのソースコードをダウンロードします。
0xced/UIKit-Artwork-Extractor · GitHub


プロジェクトファイルをXcodeで開きビルドします。
artwork1

Extractorを起動しUI画像を保存


ビルドして、iOSシミュレータが開いたらホーム画面からExtractorを起動
artwork2

iOSシミュレータ内に入っているUIの画像が一覧されます。
「Save All」からpng画像を全てローカルへ保存することができます。(保存場所はデスクトップ)
artwork3

まとめ


artwork4

以上でまだ発売すらしていない新しいiPadのUI画像(iOS5.1)をpngファイルで根こそぎぶっこ抜くことができました!

iOS内のUI画像を抜き取るのは脱獄をしていないと難しかったですが、これを使えば色々なディバイスのUI画像を抽出可能。
さらに、脱獄しても見ることの難しかったshared.artworkを擬似的に展開して中身のpng画像までも抜き取れます。

脱獄者でWinterboardを使っている方には助かりますね。
関連記事
[ 2012/03/12 23:15 ] Mac ソフト | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバックURL: http://iyuto.blog.fc2.com/tb.php/91-940eff9b


人気ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。